株式会社第一科学

NF回路設計ブロック

電気・電子計測器|電源機器|産業機器・材料・部品

ウェブサイト

取り扱い製品

  • 電子計測器

    マルチファンクションジェネレータ WF1973 / WF1974

    計測用信号源の定番

    ・WF1973:1チャネル、WF1974:2チャネル
    ・発振周波数:0.01 μHz〜30 MHz
    ・振幅設定:最大20 Vp-p/開放
    ・出力波形:正弦波、方形波、パルス波、ランプ波、ノイズ、DC、任意波、パラメタ可変波形
    ・発振モード:連続、スイープ、内部/外部変調、バースト/トリガ/ゲート、シーケンス
    ・任意波形作成ソフトウェア/シーケンス編集ソフトウェア標準添付

    マルチファンクションジェネレータ WF1967 / WF1968

    最高200MHz、高度な試験ニーズに対応

    ・WF1967:1チャネル、WF1968:2チャネル
    ・発振周波数:0.01 μHz〜200 MHz
    ・高振幅分解能:16ビット
    ・低ジッタ:85ps rms 以下、低ひずみ:0.04%以下
    ・出力波形:正弦波、方形波、パルス波、ランプ波、ノイズ、DC、任意波、パラメタ可変波形
    ・高速・大容量任意波形:420MS/s、4Miワード(Mi:220=1,048,576)
    ・発振モード:連続、スイープ、内部/外部変調、バースト/トリガ/ゲート、シーケンス
    ※バースト発振と同時に内部/外部変調、スイープ発振と同時に外部変調が可能
    ・サブ出力装備:1チャネルモデルは2相、2チャネルモデルは4相信号発生器として出力
    ・シンクレータ機能:外部から入力された信号と同期する機能
    ・任意波形作成ソフトウェア/シーケンス編集ソフトウェア標準添付

    周波数特性分析器 FRA51615

    周波数特性を高精度に測定し、効率的に分析

    ・測定周波数:10 μHz〜15 MHz
    ・測定速度:0.5 ms/point
    ・基本確度:振幅±0.01 dB, 位相±0.06 °
    ・ダイナミックレンジ:140 dB
    ・アイソレーション:600 V CATⅡ / 300 V CATⅢ
    ・最大測定電圧:600Vrms

    LCRメータ ZM2376

    高速・高精度、ばらつきの少ない安定した測定

    ・測定周波数: 1 mHz~5.5 MHz、分解能6桁
    ・測定速度: 最高 2 ms
    ・基本確度: ±0.08%
    ・測定信号レベル: 10 mVrms~5 Vrms、1 μArms~200 mArms
    ・DCバイアス用電源内蔵 0~+5 V
    ・アプリケーションソフトウエア/IVI計測器ドライバ標準添付

    インピーダンスアナライザ ZA57630

    電子部品・半導体デバイスから材料・素材の特性評価まで、
    さまざまなインピーダンス測定ニーズに対応


    ・測定周波数:10 μHz ~ 36 MHz
    ・基本確度:±0.08 %
    ・測定時間:0.5 ms/point
    ・4つの測定モード:標準測定、高周波測定、外部拡張測定、ゲイン・フェーズ測定
    ・測定インピーダンス範囲:10 μΩ ~ 100 GΩ (外部拡張測定モード)
    ・測定信号レベル:0.01 mVrms ~ 3 Vrms, 0.1 μArms ~ 60 mArms
    ・DCバイアス:-5 V ~ +5 V / -40 V ~ +40 V(1 kHz以上), -100 mA ~ +100 mA

    低雑音増幅器 SAシリーズ

    超低雑音・高安定・広帯域の微小信号検出用プリアンプ
    様々な測定要求に対応する13機種をラインナップ


    ・低雑音
    当社独自の回路で世界トップレベルの低雑音性能を実現
    雑音指数(ノイズフィギュア) 0.6 dB、入力換算雑音電圧 0.25 nV/√Hz
    (SA-230F5およびSA-250F6:入力インピーダンス50Ω)
    ・広帯域
    DCから500 MHzの高周波・高速信号まで広い周波数帯域をカバー
    ・信号源にあわせた入力形式
    シングルエンドバイポーラ入力/シングルエンドFET入力/差動バイポーラ入力/差動FET入力

    電源機器

    プログラマブル交流電源 DPシリーズ

    多様化する評価・試験ニーズに応える、汎用交流電源

    ・容量: 単相1.5 kVA~三相144 kVA
    ・低ひずみ、高安定性、低ノイズ
    ・出力電圧(100 Vレンジ/200 Vレンジ)
    AC:0 V~160 V/0 V~320 V、AC:40 Hz~550 Hz、ACDC:1 Hz~550 Hz
    DC:−227 V~+227 V/−454 V~+454 V
    ・回生/逆潮流対応モデル
    ・計測機能、電流リミッタ、保護回路、リモートセンシング/AGC/オートキャル
    ・シーケンス、電源変動、クリップ正弦波、任意波形、アプリケーションソフトウェア標準添付
    ・各種規格試験に

    プログラマブル交流電源 EC750SA / EC1000SA

    ラボで、ラインで、組み込みで・・・幅広い用途に対応

    ・EC750SA: AC750 VA/DC750 W、 AC+DC
    ・EC1000SA: AC1 kVA/DC 1kW、AC+DC
    ・最大出力電圧: AC310 V、DC±440 V
    ・シーケンス機能(出力パターンを自在にプログラム)
    ・電流リミッタ機能、保護機能
    ・コントロールソフトウエア標準添付 (計測値のロギング、シーケンス編集、任意波形作成)

    高速バイポーラ電源 HSA42011 / HSA42012 / HSA42014

    容量性負荷も誘導性負荷も安定駆動

    ・4象限出力
    ・周波数特性:DC ~ 1 MHz
    ・出力電圧:150 Vp-p
    ・出力電流:3 Ap-p (HSA42011)、6 Ap-p (HSA42012)、12 Ap-p (HSA42014)
    ・スルーレート:475 V/µs
    ・低出力インピーダンス
    ・利得設定/出力極性切換/出力DCバイアス設定/出力DCオフセット調整/保護機能

    バイポーラ電源 BPシリーズ

    高電圧・大電流・広帯域、定電流動作

    ・定電圧 (CV)/定電流 (CC) 動作、信号源内蔵
    ・電圧電流4象限出力
    ・周波数特性: DC~150kHz
    ・出力電圧 : ±60V(シフト可)
    ・出力電流:±10A ~ ±100A の全10機種
    ・レスポンスキャリブレーション機能
    ・電圧電流リミッタ、計測表示機能
    ・USBインタフェース(USBTMC/USB488)、外部アナログ入力
    ・コントロールソフトウエア標準添付(計測値のロギング、シーケンス編集、任意波形作成)

    電力用試験機器

    電圧4相電流4相保護リレー試験器 RX4744

    軽量・コンパクトな一筐体に凝縮
    このサイズ1 台で、電圧4要素・電流4要素の試験に対応


    ・電圧4相(最大250V)・電流4相(最大20A) 各相同時連続出力、出力は相毎に絶縁
    ・幅 350mm× 高さ 200mm、質量 15kg
    ・400mA/5mA レンジの微小電流出力を装備
    ・高確度の振幅・位相・周波数出力
    ・カウンタ(ミリセコ)内蔵により、動作時間計測が可能
    ・単体試験・総合試験の豊富な動作モード
    ・USB、USBメモリインタフェース装備

    出力切換機能付 三相模擬遮断器 RX470031

    保護リレーから遮断器(CB)への信号送出を試験
    電圧4相 電流4相 保護リレー試験器 RX4744と組み合わせた試験に


    ・1台で模擬遮断器三相分を装備
    ・トリップ信号電流とリクローズ信号電流を個別に設定可能
    ・トリップフリー機能装備(有効/無効を設定可能)
    ・各相に接点出力を4 式装備(a 接点またはb 接点に設定可能)
    ・出力切換機能:電流2 相直列、4 相直列、2 相直列2 並列、4 相並列の切換えが可能
    ・遮断・投入時間設定最小値: 10ms
    ・幅 350mm× 高さ 200mm、質量 15kg
    ・16 チャネル リレー応答信号セレクタを用意(オプション)

    パワーマルチメータ 2721

    各種保護リレーやトランスデューサの試験に最適なパワーマルチメータ

    ・電圧/電流測定確度:±(0.05 %rdg+0.05 %range)
    ・電力確度:±(0.1 %rdg+0.1 %range)
    ・位相確度:±0.05 °
    ・最大4入力の測定
    ・測定範囲 200 mVrms~ 640 Vrms、10 mArms~25 Arms
    ・測定結果を6項目まで同時表示
    ・演算は単相から三相4線式まで対応。接続変更なしに線間電圧を測定。任意入力間(例えば、U相電圧に対するV相電流など)の位相差を測定
    ・積算機能、カウンタ機能、スケーリング機能、アベレージング機能

掲載内容を更新しました。(2022/2/2)