掲載No: 4257-001
直流電圧・電流源/モニタ 6240B
品名 直流電圧・電流源/モニタ
型式 6240B

メーカー:(株)エーディーシー

概要

高速レスポンスのパルス発生と5桁半の測定、高精度な低抵抗測定ができる計測電源

6240B は、長年半導体の試験に活躍している計測電源の 6240Aの性能を踏襲し、新たに高速レスポンスのパルス発生/測定機能と、コネクタなどの接触抵抗を試験できる低抵抗測定機能を持たせたものです。半導体は年々小さくなっており、その特性を高精度で試験するためには、自己発熱を起こさない微少な電力で測定することが重要です。6240B は、このような要求に応えるために最小パルス幅50μsというパルス発生と1μsの分解能での測定を可能にしています。したがって、半導体が自己発熱しない範囲で電圧や電流を供給して測定ができます。

さらに、このパルス幅を少しずつ広げながら試験することによって、温度依存特性評価が可能になります。また、電子機器のコネクタやワイヤハーネス、シャント抵抗など、ロスのない電気信号を通すために接触抵抗の測定は極めて重要です。とくに、異種金属が接触する場合は熱起電力が発生し、測定の大きな誤差になってしまいます。

6240Bによる低抵抗測定では、JISで規定された「電子機器用コネクタ試験方法 <JIS C5402> に沿って 20mV以下での測定が可能ですが、その際に誤差要因の一つとなる熱起電力をキャンセルする機能を内蔵していますので高精度に試験ができます。

特長

  • 発生・測定範囲
      電圧:0~±15V 電流:0~±4A (DCは1A)
  • 基本確度:±0.02%の発生、測定
  • 51/2桁 (±319999) 、分解能1μV/100pAの測定
  • 最大20ms間、±4Aのソース/シンクが可能
  • 従来の10倍の性能を持つ 最小パルス幅50μs、分解能1μsのパルス測定
  • シンク可能なバイポーラ出力
  • 導電材料など熱起電力をキャンセルした低抵抗や接触抵抗測定を実現

お問合せはこちら